【News】2/4(土)開催!ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー at ポレポレ坐 Vol.Ⅲ

今よみがえる、昭和のドキュメンタリー・レコード! 廃盤アナログを聴く会
ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー atポレポレ坐 
Vol.Ⅲ

2月4日(土)19時より(18時30分開場)
東中野 space&cafeポレポレ坐 にて開催!

廃盤アナログの「音楽じゃない」ジャンルからドキュメンタリーを掘り起こす『DIG!聴くメンタリー』。neoneo webの連載が2017年も、実際に聴けるイベントに! 意外とトボけたお味の園遊会の昭和天皇に、レーニン、北ベトナム軍兵士……今回もたっぷり、音のタイムトラベルへご案内します。耳で聴くドキュメンタリーは、実は、たからの山。おいでくださったみなさんと、発見のよろこびを分け合いたいです!


ワカキコースケのDIG!聴くメンタリーVol.Ⅲ

【日時】2017年2月4日(土) 
             開場18:30  開始19:00(2時間強の予定)
【会場】東中野 space&cafe ポレポレ座 
    中野区東中野4-4-1ポレポレ座ビル1F
【料金】2,000円(1ドリンク付き・当日券のみ)
【出演】ワカキコースケ(若木康輔)
                 協力:大澤一生(nondelaico)・小林和貴(クオリアノート)・
                 neoneo編集室
【問い合わせ先】ポレポレタイムス社 03-3227-1405 
        メール:event@polepoletimes.jp

★当日かける予定のレコード

◎好評につき、アンコール!『園遊会』より再び数人が登場 
◎ロシア革命100周年!2017年にこそ膝を正して聴きたいレーニンの演説 
◎専門医が集めていた人間の○○○の音 
◎事故死した伝説のレーサー・風戸裕 その青春の肉声と愛車ポルシェ908の爆走音 
◎絶句するほどの臨場感!空襲下で戦い、逞しく歌う北ペトナム軍の兵士達 
……など

今回もハワイ在住の人気ラジオ・パーソナリティ、ふじさわのぶやさん(ワイキキ・コミュニティFMで『昭和サウンド旅缶』放送中)から推薦文が届いています。

『ワカキコースケのDIG!聴くメンタリー』のライブ版が、今年も行われることになった。2016年の9月24日以来、4ヶ月以上ぶりの再開である。ワカキコースケ本人に聞いたところ、当初は3ヶ月間隔でやろう!と考えていたが、それだとただでさえ忘年会シーズンの年末、しかもクリスマス前後になるので回避したそうだ。つまり、サンタクロースの向こうを張って会場を盛況にする自信が全く無かった、ということなのだが、お客さんの忙しい予定をさらに慌ただしくさせてしまうのは忍びなくてね……と神妙な顔で話すあたり、ワカキコースケらしいナと筆者はひそかに微苦笑を禁じ得なかった。北海道では、彼のようなのを「いい振りこき」と呼ぶ。

さて前回は、最初の開催を1.5倍も上回る人数が集まった。CBSソニーが発売していたことが驚きの、昭和天皇時代の『園遊会』をはじめ、1978年のリオのカーニバルの現地録音、東本願寺の声明、そして『美空ひばりオン・ステージ』での、ひばりのMCなどが好評だった。ライヴ盤から、曲ではなくわざわざMCの部分のみを聴かせるというところに面白みがあり、聴くメンタリーらしさがあった。廃盤アナログから音楽ではない分野の音、〈耳で聴くドキュメンタリー〉を聴いてもらうコンセプトは、少しずつ、しかし確かに理解者を増やしつつあるようだ。筆者がワカキコースケと出会った頃はまだ、彼は買い集めたレコードをどう扱ってよいか自分でも分からずにいた。それを考えると嬉しい前進ではないか。

ポレポレ坐での3回目は、最近入手したもの、neoneo web(http://webneo.org/)の連載で取り上げたばかりのものが中心になる模様。本腰を入れて探してみると、聴くメンタリーは膨大な数があり、いまだに全貌が把握できないともワカキは言っていた。逆に言えば、しばらくネタは尽きぬらしい。2月4日が楽しみである。

ーーーラジオ・パーソナリティ ふじさわのぶや