【特報】7月7日発売開始!ドキュメンタリーマガジンneoneo #11 総特集「ダイレクト・シネマの現在」 


7月7日発売!

ドキュメンタリーマガジン「neoneo」#11
総特集 「ダイレクト・シネマの現在」

1950年代後半、カメラの軽量化と同期録音(シンクロ)という技術革新は、ドキュメタリーの世界に革命をもたらしました。 イギリスのフリーシネマ運動、フランスのシネマ・ヴェリテ、アメリカとカナダのダイレクト・シネマ……。そして1995年に起きた、デジタルヴィデオカメラの発売による技術革新が、現在に至る新しい観察的なシネマの潮流を生み出しています。

ダイレクト・シネマの代表選手と言われているフレデリック・ワイズマンや、中国インディペンデント・ドキュメンタリーの雄、ワン・ビン。そして“観察映画”の想田和弘らの映画を考察しながら、ダイレクト・シネマの過去と現在を結ぶミッシング・リンクを発見し、より“事実に近づける表現”に迫る旅を、読者の皆さんと一緒に始められれば、と思っています。


neoneo #11[2018 Summer]
総特集「ダイレクト・シネマの現在」
A5版138ページ 定価1000円+税
ISBN 978-4-906960-10-1 

お求めはこちらから 
主な取り扱い書店はこちら(ご注文もできます)

[Contents]

総特集 ダイレクト・シネマの現在 目次

6 巻頭インタビュー 想田和弘 ダイレクト・シネマから生まれた観察映画
     (聞き手・構成  金子遊)
16    論考 「観察」をめぐる一考察 想田和弘作品を見る 若林良

作家特集 フレデリック・ワイズマン

21  エッセイ 正解なき映画における〝南北問題〟を真剣に考えてみる 舩橋淳
24  採録 ある人生のスケッチ フレデリック・ワイズマン〜抜粋〜 
      訳 冨田三起子(構成 高瀬郁人)
30  作品論 ショー・マスト・ゴー・オン 結城秀勇
34  エッセイ 流れる水のように ワイズマンの「営みのドキュメンタリー」 深田晃司
37  論考 ワイズマンのFASHION白書 フィクション篇 
   〜映画『セラフィータの日記』をめぐって 伊藤弘了
44     論考 沈黙するための映画 
   『全貌フレデリック・ワイズマン―アメリカ合衆国を記録する』を読む 菊井崇史

ダイレクト・シネマとは何か

49  採録 ジャン・ルーシュ生誕百年記念シンポジウム
     登壇者  諏訪敦彦 岡田秀則 マリー=クリスティーヌ・ドゥ・ナヴァセル 金子遊 
        司会 坂本安美   通訳 福崎裕子
58  論考 シネマ・ヴェリテの勃興 ―ジャン・ルーシュとクリス・マルケル― 東志保
62  論考 ダイレクト・シネマ 初めにキャメラありき 村山匡一郎
68  インタビュー ダイレクト・シネマと作家たち 
      マーク・ノーネス(取材・構成 若林良)
76  論考 カナダ、あるいはダイレクト・シネマの周辺事情 杉原賢彦
82 作品論 観察映画として見直してみる『ドント・ルック・バック』 若木康輔  

作家特集 ワン・ビン

87  インタビュー 『三姉妹~雲南の子』を語る ワン・ビン(聞き手・構成 萩野亮)
92   エッセイ 土本典昭とワン・ビン ―『鉄西区』を巡って 伏屋博雄
94   論考 ワン・ビン、光と影の演出 藤城孝輔
100 論考 庶民の発見 ―ワン・ビンの『鉄西区』を観る 金子遊

ダイレクト・シネマの現在形

107 座談会 中国インディペンデント・ダイレクト・シネマの過去・現在・未来 
   秋山珠子 土屋昌明 中山大樹(聞き手・構成 佐藤寛朗)
116 エッセイ 「私」が探る中国の農村の歴史と記憶 ―「民間メモリー・プロジェクト」と徐星
            鳥本まさき

120 論考 導火線に点けられた火  中国ドキュメンタリー監督とワイズマンの出会い 秋山珠子
124 作品論 フレーム外に広がる音の豊かさ ―『また一年』 佐藤賢
126 エッセイ 定点の誘惑『ドキュメント72時間』 長谷正人
128 エッセイ 「ノーナレ」は、テレビにとって知恵の実か 松原翔
130 論考 日本のダイレクトシネマに関する一考察 中根若恵
134 ダイレクト・シネマ作品リスト  (作成 高瀬郁人)

12月開催決定!「東京ドキュメンタリー映画祭」最新情報
「映画評論大賞2019」原稿大募集