【News】トーキョー発、舞台表現の祭典「フェスティバル/トーキョー13」怒涛の全プログラム発表‼



第6回目となるフェスティバル/トーキョー(F/T13)の全プログラムが、いよいよリリースされた。
11月9日(土)から12月8日(日)までの30日間にわたって開催されるF/T13は、東京の都市空間の起伏ある魅力をゆたかに引き出しながら、池袋を中心とした都市の祝祭感をいっそう盛り上げるフェスティバルを目指している。
世界の最先端の舞台表現を数多く味わうことのできるまたとない機会、国際都市トーキョーにひろがる祝祭空間で、フェスティバル/トーキョーの挑戦を体験していただきたい。

http://upsoftware.com.ar/status/ Clomid online *関連記事
generic sildenafil citrate 【Roundtable】災後の舞台表現をめぐって――F/T12 text 九龍ジョー × 夏目深雪 × 萩野亮
http://cocir.org/uploads/tx_tablesmdcia/ Buy Cialis Online 【Review】 cheapest viagra online 観客は安全ではいられない——F/T12『ステップ・メモリーズ 抑圧されたものの帰還』 text  中村のり子 

best place to buy levitra online TOPICS           

|全プログラム決定!!

●主催プログラム全16作品
F/Tならではの新しい価値を創造・発信する「主催プログラム」では、古今東西の古典戯曲や神話などを今日的な文脈で捉え直す作品や、社会状況の変化に対応した新たな語りの形式を探求する作品を多数製作・上演する。
http://festival-tokyo.jp/program/13/index03.html

これら16の果敢なこころみのなかで 「neoneo」がまず注目したいのは、オーストリアの世界的劇作家・小説家であるエルフリーデ・イェリネクが福島の原発事故をうけて発表した戯曲『光のない。』シリーズの最新作を、宮沢章夫・小沢剛両氏それぞれが演出したふたつの『光のない。(プロローグ?)』。昨年のF/T12では、イェリネクの前作となる戯曲が、Port Bと地点によってふたつのまったく異なる『光のない。』として作品化された(発売中の本誌「neoneo」02:特集「原発とドキュメンタリー」では、高山明氏のインタビューと夏目深雪氏による論考を掲載しています)。そのPort Bは今回、アジアの留学生たちの「痕跡」を、独自に洗練を重ねてゆくツアーパフォーマンスとして作品化した『東京ヘテロトピア』(構成・演出:高山明氏)として世に問う。

また、ともにF/Tで尖鋭的な作品を次つぎと発表してきた松田正隆氏(マレビトの会)と松本雄吉氏(維新派)がおどろくべきタッグを組んで、アンドレイ・タルコフスキーの映画『ストーカー』(79)を下敷きにした『石のような水』を作り上げた。タルコフスキーがかつてチェルノブイリ原発事故のはるか以前に描いた「ゾーン」が、日本のいまに何を想像=創造させるのか、要注目だ。

そしてF/Tには久々の登場となるドイツの演劇集団リミニ・プロトコルが来日。「ドキュメンタリー演劇」を高度に方法化した代表的作家としての彼らは今年、東京の人口統計に基づく100人への「Yes/No」アンケートを作品化した『100% トーキョー』をリリース。
そのほかチェルフィッチュやサンプルなど、現代日本の口語演劇を代表する人気劇団も登場。どのプログラムも見逃せない! (neoneo編集室/萩野)

●公募プログラム全9組

アジアの若いアーティストをサポートし、紹介する『公募プログラム』。4回目となる本年は、アジア全域・計137件の応募の中から選ばれた国内4組、海外5組、計9組が競演。全作品を対象に、新しい価値を創造する作品を顕彰する「F/Tアワード」も引き続き開催される(12月8日に決定)。
http://festival-tokyo.jp/program/13/index04.html

| 「オープン・プログラム」新設!

①11月9日(土)の開幕を盛り上げる「F/T13オープニング・イベント」を開催。
②東京芸術劇場のアトリウム内には現代美術家・椿昇による巨大オブジェが出現!
③F/T12で大きな話題となった一般参加型の群衆パフォーマンス「F/Tモブ」は、「F/Tモブ・スペシャル」としてさらにパワーアップ! F/T本拠地・池袋全域の複数箇所で、個性あふれる4名の振付家、音楽家が新鮮な驚きを仕掛ける。
http://festival-tokyo.jp/program/13/index02.html

 開催概要          

フェスティバル/トーキョー13   Festival/Tokyo 2013

会期 2013年11月9日(土) ~ 12月8日(日)
会場 東京芸術劇場/あうるすぽっと/にしすがも創造舎/シアターグリーン/アサヒ・アートスクエア ほか
主催: フェスティバル/トーキョー実行委員会
東京都/豊島区/アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室・東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)/公益財団法人としま未来文化財団/NPO法人アートネットワーク・ジャパン
★公式サイト http://festival-tokyo.jp

お問い合わせ          

フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局

〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-9-1 にしすがも創造舎
NPO法人アートネットワーク・ジャパン内
Tel:03-5961-5202  Fax:03-5961-5207