【発売中】ドキュメンタリーマガジン『neoneo』#04 特集「永久保存版 テレビ・ドキュメンタリーの60年」 「生誕130年 ロバート・フラハティ」

does generic viagra work neoneo #04 http://cocir.org/uploads/tx_tablesmdcia/ Cialis Online [2014 Winter]

http://propeciaonlineinfo.net/ buy Propecia Online 特集ⅰ「永久保存版 テレビ・ドキュメンタリーの60年」
How does cialis work 特集ⅱ「生誕130年 ドキュメンタリー映画の父 ロバート・フラハティ」

A5版132ページ 1000円+税
ISBN 978-4-906960-03-3
2014年12月15日発売
Buy Clomid お求めは こちらから

それぞれの時代を呼吸したテレビ・ドキュメンタリーの60年

1953年2月1日の本放送開始から、60周年の節目をむかえた日本のテレビジョン。急速な高度成長を遂げ、情報社会へといたる歩みのなかで、テレビ・ドキュメンタリーは、まさに折々の「日本の素顔」を、「現代の主役」たちを、そして知られざる「プロジェクトX」を、映しだしてきました。
放送されては過ぎ去っていった数かずの番組を、本特集では10年きざみにふりかえります。テレビとは何だったのか、そしていま何でありうるのか――。時代ごとのおもな番組ガイドを添えた永久保存版でお届けします。

「ドキュメンタリー映画の父」と民族誌映画の130年

時代はさかのぼって1884年、ひとりの冒険家がミシガンの地に生を享けました。ロバート・ジョセフ・フラハティ。ハドソン湾地帯にふとカメラをたずさえ、イヌイットたちの暮らしを記録した冒険家は、のちに「ドキュメンタリー映画の父」とよばれ、『極北のナヌーク』(1922)をはじめとする数かずの名作と神話を残します。
『モアナ』(1926)、『アラン』(1934)、『ルイジアナ物語』(1946)といったフラハティの作品群は、そしてドキュメンタリーと民族誌のクロスポイントでもありました。本特集では、その交点にこそ焦点をさだめ、今年生誕130年をむかえた映画作家の作品をふたたびひもとくとともに、民族誌映画の現在にせまります。

[contents]

|特集ⅰ 永久保存版 テレビ・ドキュメンタリーの60年

●いち推し!テレビ・ドキュメンタリー 大アンケート
秋山浩之 阿武野勝彦 大島新 替山茂樹 北小路隆志 坂部康二 佐藤洋 田原総一朗 丹羽美之 長谷正人 原一男 村山匡一郎 モルモット吉田 山崎裕 吉岡忍

●50年代
コラム  摩擦と官能~50年代テレビ・ドキュメンタリー前夜~  若木康輔
エッセイ  わが家にテレビが来た頃  原將人
論考  テレビは時代の記録者である――50年代の牛山純一  濱崎好治

●60年代
コラム  寺山修司×萩元晴彦×ブラウン管  越後谷研
論考  非体験的大島渚論――ドキュメンタリストとしての大島渚  若林良
論考   HとM、そしてKの肖像――『お前はただの現在にすぎない』の余白に  萩野亮

特別寄稿  「間に合わせ」の傑作たち~プログラム・ピクチャーとしてのTVドキュメンタリー~ 清水浩之

●70年代
論考  「狂気」に惹かれた男―田原総一朗の方法論  原一男
論考  疎外からの発想~エイブンさんの強度  渡辺考
論考  「場」の記録をめぐって――今野勉のドキュメンタリードラマについて  松井茂

●80年代~2000年代
論考  原発テレビドキュメンタリー「熱い季節」はいつも儚く  七沢潔
エッセイ  テレビの現場もいろいろあるのです  伊東英朗
インタビュー 「進め!電波少年」と猿岩石  土屋敏男
論考  三酔人電視問答  渡辺勝之
コラム  ドキュメンタリー、映画と番組の相互乗り入れを!  綿井健陽
論考  キャメラ目線、あるいは映像の直接性と多義性について  舩橋淳
NHKオンデマンド旧作ガイド

|特集ⅱ 生誕130年 ドキュメンタリー映画の父 ロバート・フラハティ

序論   ドキュメンタリーと民族誌のあいだに  藤田修平
インタビュー  日本のテレビ番組のなかの民族誌的試み  市岡康子
論考  自然との対峙―ロバート・フラハティとアメリカの大地  石谷治寛
エッセイ  ロバート・フラハティと小川紳介  伏屋博雄
論考  ロバート・フラハティの神話の解体をめぐって  藤田修平
鼎談  フラハティから現在まで  川瀬慈×伊藤悟×森田良成 司会:藤田修平
論考  サモア諸島のモアナ フラハティとマーガレット・ミード  金子遊
採録  『ルイジアナ物語』製作の時  リチャード・リーコック
ロバート・フラハティ作品ガイド  井上遊介

|好評既刊

neoneo #03 [2013 Autumn]

neoneo_03_H1_H4_0927_fix_ol_Ä–ß

特集「〈ゼロ年代〉(プラスワン)とドキュメンタリー」
小特集「Unknown Marker:知られざるクリス・マルケルの世界」

巻頭写真構成:藤元敬二 『Instant Gamble』 
特別対談:佐々木俊尚+渡邉大輔
連載:春田実・土居伸彰・金子遊

A4変型版96ページ 953円+税
ISBN 978-4-906960-02-6
お求めはこちらから。

▼もっと見る

neoneo #022013 Spring]

特集「原発とドキュメンタリー」
小特集「21年目の不在:小川紳介トライアングル」

巻頭写真構成+インタビュー:武田慎平
座談会:舩橋淳+藤原敏史+松林要樹+瀬々敬久
連載:春田実・土居伸彰・金子遊

A4変型版80ページ 953円+税
ISBN978-4-906960-01-9
お求めはこちらから。

▼もっと見る

 neoneo #012012 Autumn]

創刊特集「さようならドキュメンタリー」

インタビュー:飴屋法水・石内都・石井光太
論考:長谷正人・鈴木佳子・住友文彦
    八角聡仁・萩野亮
連載:金子遊

A4版68ページ 953円+税(残部僅少)
ISBN978-4-906960-00-2
お求めはこちらから。
※残部僅少につき、通信販売は終了しました。

▼もっと見る

neoneo_icon2