【News】3/11(土)-12(日)開催 第4回3.11映画祭 -見えないものを見る力@アーツ千代田3331ほか

http://propeciaonlineinfo.net/ buy finasteride 1mg
映画を通じて全国がつながる!

crestor 5mg price uk 未来の選択肢を共有する上映プロジェクト

3月11日~12日の2日間を中心に、 メイン会場のアーツ千代田 3331ほか、全国のサテライト会場にて「第4回 3.11映画祭 見えないものをみる力」を 開催いたします。本催事は映画祭の枠を越え、全国の連携団体とともに、映画を通じて人々のアクションをつなげる 活動です。各会場では、作品が映し出す3.11後からの現実や、投げかける問いを共有し、自身をとりまく現実や社会 のことを家族・友人・大切な人と話すきっかけをつくります。東日本大震災発生から丸6年、その後の今を生きる私たち だからこそイメージできるさまざまなものを、映画やイベントを通じて多くの方と共有する機会となれば幸いです。

Buy Clomid 会期: 2017.3.11(土)〜12(日)
https://zithromaxinfo.net/ buy z pack online *復興リーダー インタビュー映像展示は3月10日(金)~26(日)
*「3+1」トークは3月19日(日)

会場: アーツ千代田 3331 ほか全国のサテライト会場
主催: ソーシャル・クリエイティブ・プラットフォームわわプロジェクト(一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN)
共催: 日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合
協賛: 中外製薬株式会社
助成: Yahoo!基金
後援: 復興庁、千代田区、一般社団法人 千代田区観光協会

問い合わせ:一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN 
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1
TEL:03-3518-9101
E-mail:info@wawa.or.jp
公式サイト:http://311movie.wawa.or.jp/

【チケット】
上映:トークなし1000円、トークあり1500円
イベント:1000〜1500円

●前売り券は、Peatixのみで販売しています(各作品紹介ページから)
●当日券は、各回1時間前(初回は15分前)より上映会場受付にて販売を開始します
●当日券は、同日に複数作品ご鑑賞の場合は、上記販売時間に限らず受付にてまとめてご購入いただけます
●関連イベントの前売り券はPeatixのみで販売しています
●関連イベントの当日券販売状況は、ニュースページにてお知らせします
●サテライト会場入場料、購入方法は会場ごとに異なります。くわしくはこちら


https://vardenafilonlinesr.net/ Generic Levitra 【上映スケジュール】

※全日程は公式サイトをご覧下さい

3月12日(日) 

10:00~ 太陽の蓋(130分)
12:30~ 大地を受け継ぐ(86分)★+トーク
15:50~ 日本と再生 光と風のギガワット作戦(100分)★+トーク
17:20~ 小さき声のカノンー選択する人々(119分)
19:40〜 NOddIN短編映像オムニバス ★+トーク
21:10〜 フクシマ・モナムール(108分)


■2/27(月)3.11 映画祭 プレ・トーク
~「3.11」というジャンルと自主上映のこれから~

日時:2/27(月)19:00~21:00(18:30開場)
会場:1Fラウンジ
料金:1,000円(購入方法等、詳細はウェブサイトをご確認ください)

□トークゲスト
鎌仲ひとみ(『小さき声のカノン』監督)
大高健志 (Motion Gallery代表)

 映画監督・鎌仲ひとみ氏と、クラウドファンディングサイト Motion Gallery代表・大高健志氏を招き、震災から6年が経ち、いまだ多くの作品を生む「3.11」について、また自主上映を取り巻く状況や未来について考えます。 現在の視点から見た「3.11映画」についてのさまざまな想いや考察を伺います。また多くの「3.11映画」が毎年全国で自主上映されていることに関して、自作の自主上映を積極的におこなう鎌仲ひとみ監督と、今春始動する自主上映サービス「popcorn」 に関わる大高健志氏から、自主上映をとりまく状況やこれからの未来について伺います。

 

■ 3/19(日)3.11映画祭 アフタートーク
  「3+1」トークイベント~次代の再生に向けて~

日時:3/19(日)時間未定
会場:1Fコミュニティスペース
入場料:1,500円

□トークゲスト
鎌仲ひとみ(『小さき声のカノン』監督)
舩橋 淳  ( 『フタバから遠く離れて』監督)
河合弘之  ( 『日本と再生』監督)
+特別ゲスト ※近日中にウェブサイトにて公開します。

昨年の3.11映画祭でスタートした「3+1(サンタスイチ)」。原発、地域格差、米軍基地、貧困、差別など多くの矛盾を抱えたまま、3.11以前も、3.11以後の今も、状況は変わっていないどころか慢性化しつつある日本の現状に、映画を通して警笛を鳴らす映画監督3人が組んで活動を始めました。一人一人の問題意識【+1】を持ち寄り集う広場を作りたい、という願いを込め名付けられた「3+1(サンタスイチ)」という活動。今回は河合弘之監督による新作で、日本全国と世界各地を巡り自然エネルギーの「今」を映し出す『日本と再生』を中心にトークを実施します。

震災から6年が経ち、元に戻る再生ではなく、新しい未来を作り出す「再生」について、一人一人にとって本当の意味での再生することの意味を一緒に考えたい。
(鎌仲ひとみ)

【関連記事】
【Review】私たちはいかに「敵」と向きあうか―鎌仲ひとみ監督『小さき声のカノン』に寄せて text若林良
【Report】たくさんの「手のひら」~3.11映画祭 初日レポート(2016年3月11日) text 大久保 渉