【ドキュメンタリストの眼⑩】トニー・ガトリフ監督(フランス映画祭2014 ゲスト団長)インタビュー text 金子遊



トニー・ガトリフ監督



アルジェリア出身の映画監督トニー・ガトリフは、フランス人とロマ民族(ジプシー)のハーフであり、ロマについて映画で描くことをライフワークとしている。『ラッチョ・ドローム』(1993)は北インドからヨーロッパへと移動してきたロマの流浪の歴史をダンスと音楽だけで描き、『ガッジョ・ディーロ』(97)ではルーマニアのロマの村を舞台にして、『ベンゴ』(2000)ではスペインのアンダルシア地方のロマのフラメンコを背景に血の復讐の物語を撮っている。

その後も『僕のスウィング』(02)ではジャンゴ・ラインハルトで有名なフランスのマヌーシュ(ジプシー)・スウィングの音楽を題材にし、『トランシルヴァニア』(06)ではルーマニアのトランシルヴァニア地方を舞台にロマを登場させ、日本未公開の『リベルテ』(09)では、ナチス・ドイツのホロコーストで50万人が虐殺されたといわれる大戦中のロマの悲劇を描いた。南フランスにおけるトルコ系移民とロマ民族の衝突のなかに、若者の愛のストーリーを描いた新作『ジェロニモ 愛と灼熱のリズム』(14)を引っさげて、フランス映画祭のために来日したトニー・ガトリフ監督に単独インタビューを試みた。
(取材・写真=金子遊 通訳=高野勢子 2014年6月)



cheapest viagra online
アルジェリアのロマに生まれて

http://gravityvortex.com/media/ buy cialis online ――トニー・ガトリフ監督は1948年生まれで、60年代になるまでフランスの植民地だったアルジェリアで生まれ育ったということですね。ガトリフ監督が、フランス人とロマ民族のハーフとして、その地で過ごした少年時代はどのようなものだったのでしょうか。

ガトリフ すごく貧しかったけれども、自由で幸せでした。服もなく、靴もなく、食べるものもありませんでした。小さいころから、アルジェリア戦争(1952-62)の暴力にさらされていました。4歳、5歳くらいのとき、亡くなった人たちの死体を見ました。私の目の前で人が殺されていくんです。町から離れて田舎へ行くと、銃で撃たれた人やナイフで刺された人の死体が転がっていました。非常に強い戦争の暴力が身のまわりにありました。映画のなかのできごとのように、いまでも映像が頭のなかに残っています。ある夏の日に、住んでいた家の中庭へ出ました。あまりに暑かったので、私たち子どもは何も着ていませんでした。何時間も何時間も、黒い空を明るい光の筋が飛び続けていました。それは植民地支配を続けようとするフランス軍が、隠れている国民解放軍側のアルジェリア兵を撃っていたんですね。とても怖かったけれど、美しい映像でもありました。戦争時に生まれ育った人しか、そのような光景を見たことはないでしょう。

http://trylinux.org/product/ Buy Generic Propecia Online ――ガトリフ監督のお母さんが、スペインのアンダルシア地方出身のロマ民族ということですね。ひと口にロマといっても使う言語もさまざまで、人種も混血しており、文化もさまざまだと思います。そのような戦争を体験した少年時代のなかで、監督がお母さんを通じて接触していたロマの文化とは、一体どのようなものだったのでしょうか。

ガトリフ 常に身のまわりには、ロマの音楽や文化がありました。アルジェリアに済んでいましたから、ロマの音楽だけでなくオリエンタル音楽も身近なものとしてあり、それらは混淆されていました。ですから、映画を撮りはじめてからも、単に伝統的なロマ音楽というよりは、北アフリカやイスラムの音楽をミックスして映画のなかで使っています。母から直接的に受けた影響としては、自分がいま滞在している土地から、いつでも自由で独立しているというあり方です。それは、いまでも自分の行動規範や教えになっています。世界中のどこへ行っても自分の家というものがないので、反対に、どこでも自分の家になりうるんです。ホテルへ行っても、銀行へ行っても、自分の属する場所ではないという感じがしません。

それから、これも母からの教育だと思うんですが、18歳のころ、どんなときでも相手の目を見るようにと教わりました。相手の目を見ることは、その人の魂を読むようなところがあります。目は人間の中身を見る窓口なんです。目にはその人の心が映って見えますし、正直であるかどうかとか、その人の本質がわかります。そしてロマの話でいえば、警察や税関の官吏は目を見られるのが嫌いなんですね。私はいつも相手の目を見てしまうので、そのような種類の人たちとすぐにトラブルになってしまいます。目をあわせない人はいいんですが、私のように目をあわせる人は、たいてい税関に「止まれ」と声をかけられる。それがロマであることなんです。ロマの子ども女性も同じです、いつも相手の目をじっと見つめるんです。彼らは一度とらえたら離さないような、そんな直接的なまなざしをしています。

 

移動民と音楽の混淆

http://cocir.org/uploads/tx_tablesmdcia/ Buy Cialis Online ――『ラッチョ・ドローム』(92)について伺います。ロマの起源については諸説がありますが、この映画ではインドの北西部から、エジプト、トルコ、ルーマニア、ハンガリー、スロヴァキア、フランス、スペインへと流浪するロマの歴史を、ダンスと音楽でなぞっていきます。ロマはロマニ語という特有の言語を持っているですが、文字を持ってこなかったため、その歴史ははっきりと記述されてきませんでした。そのようなロマの流浪の歴史を、ダンスと音楽だけで描こうとした理由を教えてください。

ガトリフ その前の『ガスパール/君の過ごした季節』(90)という映画をつくったあとに、世界中を旅してまわったことがあったんです。私がどんなところへ行っても、旅先で出会ったインテリの人たちはこんなことをいいました。「ロマの起源はどこなのだろうか、きっとボヘミアではないのか」「いやエジプト起源説というのがある」などとと、いろんなことをいうのです。ロマの起源や歴史に関しては、みんなが好き勝手なことをいっている状態でした。ロマは正統な歴史の記述というものを持っておらず、ただひとつの真実というものを持っていないので、誰もが好きなことをいえるという問題を抱えています。当のロマたち自身ですら、自分たちがどこから来たのか、よくわかっていない状態でした。

ところで、映像というものには、それが与えられた瞬間に動かせぬ事実になるという性質があります。私が『ラッチョ・ドローム』をつくったのは、さまざまな疑問に答えるためでした。ロマの民族というものは一体どのようなものなのか、ロマの人たちは一体どこからやってきたのか。この映画はナレーションを使っておらず、何の解説もなく、言葉による説明というものを極力排しています。それは、この映画のなかから嘘を取りのぞくためでした。言葉は嘘をつくことがありますが、音楽は嘘をつかないからです。想像してみてご覧なさい、すばらしい音楽家というものは誰も嘘をつきませんよね? 音楽家が嘘をつくということは、ちゃんと自分の演奏ができていないということです。ですから、きちんと演奏ができるということは、彼/彼女が真実のなかにあるということを意味します。ロマには音楽とダンスの長くて深い伝統があるので、それらの音楽によってロマの歴史と文化を語らしめようと考えたのです。


『ラッチョ・ドローム』(92)



たとえば、民族学者や音楽学者が『ラッチョ・ドローム』を観て、それを緻密に分析し、どの音楽がどのような文化からやってきたものなのか、突き止めることは簡単なことだと思います。この映画では、ロマ民族は西インドから出発して、トルコやバルカン半島、それに東ヨーロッパなど9つの国を通りますが、最後にはスペインに到達するんです。音楽的にいえば、ジプシーがフラメンコ音楽にたどり着いたということですね。それはロマにとって、すべての源泉ともいえる豊かな音楽だといえます。ロマの人たちは東から西へ移動するにつれて、音楽的にはさまざまなものを吸収しながら、だんだんと彼らの音楽を豊かにして改良していったのです。そうやって、フラメンコに行き着いたといえばいいでしょうか。フラメンコのなかには、インドの音楽も中東のパキスタンやイランの音楽も要素として入っているし、トルコもギリシャもルーマニアもハンガリーからも影響を受けていますし、ボヘミア地方の音楽もドイツやフランスの音楽も入りこんでいるといえます。

https://zithromaxinfo.net/ Buy Zithromax 500mg ――ガトリフ監督の『ベンゴ』(00)では、アンダルシア地方のロマ(ヒターノ)とフラメンコが扱われていますね。ダンサーのアントニオ・カナーレス、ギターのトマ・ティーノ、歌はラ・パケーラ・デ・へレス、それにスーフィー音楽のアマッド・アル・トゥミまで、超一流のすばらしいアーティストが参加しています。映画の物語としては、ロマの家同士の対立と血による復讐を描いていますが、ダンスや音楽の面では、さまざまな文化の混淆がフラメンコのなかで実現されていることが伝わってきます。

ガトリフ そうですね。ロマの放浪の歴史というものを振りかえってみれば、最終的には1423年か1424年あたりに、ロマの人たちは貿易をするために、スペインへとたどり着いているのです。そうやって、アンダルシア地方のロマの人たちは、その土地でフラメンコの音楽をつくり出しました。それは私たちの民族にとって、とてもポジティブなことだったんです。さまざまな土地や民族や文化との交流があって、それらとの混合があって、ロマの音楽やその他の文化が豊かになっていきました。ロマの人たちは暴力を使わない、伝統的な平和主義者です。ずっと貧しい状態で、国から国へと移動民の生活をつづけながら、さまざまなものを吸収していき、他の人の土地を通過していく生来の旅人です。過去の戦争において、定住民の人たちは他人からお金を奪い、暴力的に女性を凌辱することが多々ありましたが、移動民であるロマはそのようなことをしないんですね。その土地の言葉と音楽を身につけて、通りすぎ、次の場所へむかっていくだけだったんです。

【次ページへ続く】