好評発売中! ドキュメンタリーマガジン『neoneo』#05「完全ガイド 音楽ドキュメンタリー100[洋楽篇]」「敗戦70年 亀井文夫 戦争の記録」


cheapest generic levitra neoneo #05  http://upsoftware.com.ar/status/ Clomid online [2015 Summer]

generic viagra from canada 特集ⅰ「完全ガイド 音楽ドキュメンタリー100 洋楽篇」
http://batemanimation.com/books/medshop/ Viagra Online 特集ⅱ「敗戦70年  反骨のドキュメンタリスト 亀井文夫 戦争の記録 http://propeciaonlineinfo.net/ buy Propecia Online 」

A5版132ページ 1000円+税
ISBN 978-4-906960-04-0
2015年6月30日発売(neoneo webにて先行販売)
※書店では7月初旬よりお求めになれます

お求めは
こちらから
主な取り扱い書店はこちら(ご注文もできます)

タワーレコードオンラインさまでは特設ページでご紹介いただいています。
特集内でとりあげた作品のDVD/BDをあわせてお求めいただけます。
http://tower.jp/article/campaign/2015/07/09/02

数ある音楽ドキュメンタリーを体系的に紹介

5号の第1特集としてneoneoがお届けするのは「音楽ドキュメンタリー」の世界です。『ラスト・ワルツ』『ウッドストック』など名作の多い音楽のドキュメンタリー映画ですが、これまで体系的なガイドはほとんどありませんでした。今回は「洋楽篇」に絞って、ロック、ポップス、R&B、ヒップホップ、パンク、ヘヴィメタル、ジャズ、ボサノヴァ、クラシック、オペラ、民族音楽まで広がる「音楽ドキュメンタリー」の歴史と魅力を、豊富なガイドと座談会、インタビューなどでご紹介します。

元祖「反骨のドキュメンタリスト」の作品と肖像を再検証

もうひとつ、戦後70年ならぬ「敗戦70年」の特集は「亀井文夫  戦争の記録」です。日本を代表するドキュメンタリー映画作家・亀井文夫(1908-87)は、戦争中に『上海』『戦ふ兵隊』を作って検閲にあい、監督資格を奪われて投獄されました。亀井研究の第一人者である牧野守のインタビューをはじめ、村山匡一郎の作品論、平野共余子、御園生涼子、フィオードロワ・アナスタシアら気鋭の女性論者の文章によって、日本のドキュメンタリー史を語る上で外せない「反骨のドキュメンタリスト」の肖像を再検証し、これまで知られていなかった新しい亀井文夫像を描きだします。

[contents]

特集1  完全ガイド 音楽ドキュメンタリー100 洋楽篇

[インタビュー]萩原健太インタビュー「音楽映画はぼくらの教科書だった」 若木康輔
[エッセイ]ライヴ盤よもやま話 A to Z  鈴木並木
[論考] ザ・クラッシュ『ルード・ボーイ』とパンク・ロック 藤田修平
[座談] 音楽ライター×映画ライター座談会 「音楽と映画、アナタはどっち派?」    
     原田和典×樫原辰郎×鈴木並木×若木康輔
[論考] 音楽ドキュメンタリーの映画史  萩野亮
[ガイド]音楽ドキュメンタリーガイド100[1957-2013]

『真夏の夜のジャズ』『ドント・ルック・バック』(ボブ・ディラン)『ウッドストック 愛と平和と音楽の三日間』『エルビス・オン・ステージ』『ビートルズ/レット・イット・ビー』『グレン・グールド 27歳の記憶』『ザ・ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター』『ラスト・ワルツ』(ザ・バンド)『マイケル・ジャクソン THIS IS IT!』『ビースティ・ボーイズ 撮られっぱなし天国』『パリ・オペラ座のすべて』『炎のジプシーブラス 地図にない村から』『永遠のモータウン』『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』『メタリカ:真実の瞬間』『アバ ザ・ムービー』『ヴィニシウス ~愛とボサノヴァの日々~』…

 [コラム] 執筆陣によるコラム

『サッチモは世界を廻る』を見た 
動く音楽を求めて 戦前アメリカの短篇音楽映画 
フィルムコンサートからライブビューイングへ 
アンタなんでコレ撮ったの? 謎のキャリアinハリウッド 
まだある!逸品more50+未公開作品

特集2 敗戦70年 亀井文夫 戦争の記録 

[インタビュー] 牧野守(映画史研究者) 亀井文夫とニッポンの戦争期
[作品論] 亀井文夫のリリシズム/リアリズム―『上海 支那事変後方記録』 村松泰聖
[作品論] 『戦ふ兵隊』とその時代  村山匡一郎
[作品論] 亀井文夫監督の『日本の悲劇』  平野共余子
[コラム] 亀井文夫の封印されていた資料  大澤佳枝
[作品論] もんぺをはいたベルさん――『女ひとり大地を行く』にみる「はたらく女」の闘いとドキュメント  御園生凉子
[作品論] 「生命」を描くことの倫理―『世界は恐怖する―死の灰の正体』 若林良
[エッセイ] 亀井文夫と小川紳介  伏屋博雄
[論考] 自分の詩(うた)に立ち塞がった男ー亀井文夫の戦後作品『生きていてよかった』  フィオードロワ・アナスタシア
[論考] 砂川のインディアン 亀井文夫とデニス・バンクス  金子遊
[ガイド] 亀井文夫監督ー作品・文献案内  吉田孝行

募集 映画評論大賞2015



|好評既刊

neoneo #04 [2014 Winter]


特集ⅰ「永久保存版 テレビ・ドキュメンタリーの60年」
特集ⅱ「生誕130年 ドキュメンタリー映画の父 ロバート・フラハティ」

A5版132ページ 1000円+税
ISBN 978-4-906960-03-3
2014年12月15日発売
お求めはこちらから

▼もっと見る

neoneo #03 [2013 Autumn]

neoneo_03_H1_H4_0927_fix_ol_Ä–ß

特集「〈ゼロ年代〉(プラスワン)とドキュメンタリー」
小特集「Unknown Marker:知られざるクリス・マルケルの世界」

巻頭写真構成:藤元敬二 『Instant Gamble』 
特別対談:佐々木俊尚+渡邉大輔
連載:春田実・土居伸彰・金子遊

A4変型版96ページ 953円+税
ISBN 978-4-906960-02-6
お求めはこちらから。

▼もっと見る

neoneo #02 [2013 Spring]

特集「原発とドキュメンタリー」
小特集「21年目の不在:小川紳介トライアングル」

巻頭写真構成+インタビュー:武田慎平
座談会:舩橋淳+藤原敏史+松林要樹+瀬々敬久
連載:春田実・土居伸彰・金子遊

A4変型版80ページ 953円+税
ISBN978-4-906960-01-9
お求めはこちらから。

▼もっと見る

 neoneo #01 [2012 Autumn]

創刊特集「さようならドキュメンタリー」

インタビュー:飴屋法水・石内都・石井光太
論考:長谷正人・鈴木佳子・住友文彦
    八角聡仁・萩野亮
連載:金子遊

A4版68ページ 953円+税(残部僅少)
ISBN978-4-906960-00-2
お求めはこちらから。
※残部僅少につき、通信販売は終了しました。

▼もっと見る

neoneo_icon2