【Review】牛腸茂雄関連短編上映会 text小林由美子

東京・恵比寿 MEM 2013年10月19日、恵比寿NADiff A/P/A/R/T 2階 MEM。 日中はまだ暖かいけれど夕方になると急に寒くなる。「こんにちは、最近冷えてきましたね」「こんにちは、そうですね。もう冬に

【News】創る人を後押しするシェアアトリエ「reboot(リブート)」が入谷にオープン 入居者を審査制で募集中!

シェアアトリエ「r e b o o t 」が入居者募集開始入居の審査員に著名デザインプロデューサーなど4 名が決定! クリエイター向けアトリエ・オフィスの拠点開発・不動産再生を行い、街のコミュニティづくりとエリアブランデ

【Review】光の系譜の終焉に向けて――「森村泰昌 レンブラントの部屋、再び」展 text 影山虎徹

森村泰昌の作品を観ると、思わず笑みを漏らしてしまう。展示会ともなると壁一面に展示された作品の全てに作者がいるという光景には独特の趣きがある。しかし、すぐにこの悪ふざけにも似た行為は何なのだろうという疑問が私たちを襲う。そ

【News】変貌を遂げる被災地・東北へ 真っ向勝負の肖像写真453点――田代一倫写真集『はまゆりの頃に』里山社より刊行!

「被災地」と「他者の限界」とは? 全488 ページ。掲載写真453 点。撮影人数のべ1200人。史上類のない写真表現。2011~2013 年春。変貌を続ける被災地、東北へ。自らを〝よそ者〟とする33 歳、新人写真家が迷い

【News】品川区 中延エリア一帯で初のマチの文化祭 「中延EXPO」で50のイベントを開催!クリエイターと商店主が技を披露!

地元商店やクリエイターによる施設公開やファッションショー、ワークショップなど盛り沢山の3日間! 中延のまちづくりと芸術文化振興を目的としたインストールの途中だビルオープンアトリエ事務局(品川区戸越6)は、「がんばる商店街

【Report】映像イメージへの応答をめぐって――あいちトリエンナーレ2013 text 影山虎徹

|震災経験の風化に抗して 愛知県で3年に1度開催されている芸術祭「あいちトリエンナーレ」が、8月10日より始まっている。今回のテーマは「揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」であり、震災後の

【Review】「宙吊りの日常へ」ー牛腸茂雄写真展『見慣れた街の中で』 text 岡本和樹

日々は無為に過ぎていく。視線は宙を漂い、その視線がなにかを捉えることはない。それが日常というものだ。 人が生きることを実感するのは、この視線が何かを捉えたと感じる瞬間ではないだろうか。だが、その瞬間も、永遠に続いていく現

【Report】90歳のジョナス・メカスを追いかけて 第3回(最終回)~ロンドン編~ text 小山さなえ

 ~新作『ある幸せな男の人生の未公開シーン/Out-Takes from the Life of a Happy Man』 ロンドンの中心部、ハイド・パークとケンジントン公園の中間にある、現代美術ファンに人気の「サーペン

【Review】<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実――『メキシカン・スーツケース』 text 藤田修平

2013年1月、横浜美術館で始まった写真展「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」では、「ロバート・キャパ」という名前が彼の恋人であったゲルダ・タローと共同で使用された架空の人物名(ペンネーム)であったことを前

【Interview】土門拳賞受賞作品展「AFRIKA WAR JOURNAL」亀山亮さんに聞く text 丹羽理

亀山亮(かめやま・りょう)氏の『AFRIKA WAR JOURNAL』(リトルモア)が、第32回土門拳賞(毎日新聞社主催)を受賞。受賞記念作品展が、銀座ニコンサロン(4月24日~5月7日)と大阪ニコンサロン(5月16~2

【info】飯島望美写真新聞刊行記念展「Scoffing pig / 豚が嗤う」5/11~6/16

第三回Reminders Photography Stronghold企画展 飯島望美写真新聞刊行記念写真展「Scoffing pig / 豚が嗤う」     会期:2013年5月11日(土)〜6月1

【Interview】第27回イメージフォーラムフェスティバル 山下宏洋さんインタビュー

今年もゴールデンウィーク(4/27〜5/7)期間中、新宿パークタワーホールと渋谷・シアターイメージフォーラムで、「イメージフォーラムフェスティバル2013」が開かれている(その後京都、福岡、名古屋、横浜で順次開催)。イメ

【Info】「Refocus Project」4/27 村田信一「私が写真家を辞めたい理由」

    2013年4月27日(土)第2回REFOCUS PROJECT「私が写真家を辞めたい理由・写真家村田信一」 写真家、ジャーナリスト、ドキュメンタリー映画監督の眼差しに触れて対話する場、 Ref

【info】写真家・石川梵氏をゲストに迎えて対話を―「Refocus Project」3/24

Refocus Project 「祈りと勁さ(つよさ)とー写真家 石川梵ー」       写真家、ジャーナリスト、ドキュメンタリー映画監督の眼差しに触れて対話する場、 Refocus Pro

【News】『光州「五月連作版画―夜明け」ひとがひとを呼ぶ』

1980年5月、韓国・光州の11日間を描いた版画集『光州「五月連作版画―夜明け」ひとがひとを呼ぶ』全国書店にて発売中火花はあでやかに咲いた勇敢な心臓がわたしに自分の願いをささげる火花は夜っぴて壁をこえた暗い夜の海で失踪し

【Review】「MU[無]—ペドロ・コスタ & ルイ・シャフェス」展 text 成澤智美

洋風の私邸を改築して作られた美術館、原美術館にて、「MU[無]—ペドロ・コスタ&ルイ・シャフェス」展が開催されている。 ドキュメンタリーとフィクションの境界領域を泳ぐ映画監督ペドロ・コスタと鉄を素材に表現の可能性

【Review】写真の深淵 ~亀山亮『AFRIKA』に寄せて~ text 丹羽理

まだペンキの匂い新しい白を基調としたギャラリーの壁に、亀山亮(かめやま りょう)氏が今回の写真展のために厳選した大伸ばしの写真25点がダイナミックに展示されていた。 亀山亮写真展『AFRIKA WAR JOURNAL』。

【Info】にしすがも創造舎オープンファクトリーvol.2「教室で限定ラジオ!」

アーティストの創作過程を公開するにしすがも創造舎のプロジェクト「オープンファクトリー」の第2弾は―中野成樹とフランケンズのメンバーによる施設内限定ラジオ放送!   豊島区の旧朝日中学校を転用したアートファクトリ

【Info】木村肇写真展「谺」12/16~1/13 トークイベント12/15

  第二回RPS企画写真展 木村肇写真展「谺」 http://reminders-project.org/?p=622&lang=jp     谷底の川は半分凍っていた。撃たれたのは